« 今年もこの日がやってきた③ | トップページ | 今年もこの日がやってきた④ »

2011年2月14日 (月)

べびプリRadio ぱらだいす0(ラブ) 第1話

そんな訳で、今日から配信開始となりました音泉の新番組、
べびプリラジオの第1回感想をつらつら書きます。
実際聞きながら書いてるのでどうしても実況となる訳ですが、その辺はご容赦を。

第1話 2月14日放送分

のっけから桑谷さんと藤田さんのテンションの高さに吹いた。
なにこの音波率高いオープニングトーク部分。
ママの名前出てませんって言ってるけど小説版では美夜さんですよ?

べびプリおさらいトーク。
海晴姉さん公称18歳です。
設定通りです、小説では大学生になってましたね。
というか藤田さんは色々と下調べしてんのかな、基本的なところは押さえてるっぽい。
小雨が面倒見いいとか、氷柱が綿雪を大事にしてるとかね。
逆に桑谷さんがまるっきり部外者モードになってるんですが、どういう事なのwww

改めて聞くと、1巻冒頭のヒカルが陽太郎を家に入れるくだりは
強引だよなぁと思わないでもない、いやマジでw
もっとも過ぎる疑問をあれこれと喋ってますが、その辺に関しては
小説を読めばそれなりに説明はされてるんだけどね、ちゃんと読んでねw
氷柱が難攻不落と言ってますが、あの子も姉妹の中では割とチョロい部類よ!
今日のありがたいお言葉『G’sはべびプリ推しですよ』
信じるぞ、信じるからな!

プレイバックバレンタインは改めて熱狂を思い出させる。
改めてゴッドは凄いなぁと思わされるね。
というか藤田さんと桑谷さん、シスプリは隠さなくていいよ、同系列だからw


バレンタイン特別イベントとしてのお便りコーナーですが、
悉く自分には縁のないイベント群であったと思わざるをえない。
いや本当に、生まれてこのかたチョコ貰ったことなんて
家族以外にはありませんよマジで。
勘違いネタやからかいネタですら無いよ。
というかむしろ作る側ですよ、姉貴とお袋に。


番組コーナーのタイトルが凄いことになっている次第。
罵声浴びせるだけのコーナーとか一部の人には大好評だな。
というか藤田さん本意じゃないと言いつつ本気で嬉しそうなのが……
多分楽しいのはドMの方々と藤田さん本人だと思うの。
あと、出来れば罵声の浴びせ方は氷柱なりきりでお願いします。

っていうか廣田眞胤先生何やってんすか。
ガチ投稿とかマジか、マジなんですかw


エンディングトーク後の藤田さんソロトーク。
桑谷さんの事を毒舌だと言っておりましたが、
どう考えても藤田さんのほうが毒舌の瞬間最大風速は上です。
本当にありがとうございました。



最後に。
いやーなんですかねこれ、えれぇ楽しかったけど同時にすごい体力削られた気が。
でも、桑谷さんのママン声は大体わかるかなー的になったんだけど、
藤田さんの氷柱声がまだ脳内でカチッとはまらない感じ。
今回はキャラ喋りしてなかった性もあってイメージし難かったというのもある。
あとテンション高く笑いながらの放送なのでイメージが合わないというのもw
次回放送からはオープニングにショートコントを入れるといいと思うよ!

|

« 今年もこの日がやってきた③ | トップページ | 今年もこの日がやってきた④ »

BabyPrincess」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016294/38872910

この記事へのトラックバック一覧です: べびプリRadio ぱらだいす0(ラブ) 第1話:

« 今年もこの日がやってきた③ | トップページ | 今年もこの日がやってきた④ »