« 今年もこの日がやってきた① | トップページ | 今年もこの日がやってきた③ »

2011年2月14日 (月)

今年もこの日がやってきた②

そういうわけで、大体正午から夕方くらいまでで6人分、
綿雪から星花までの日記について感想です。

7.綿雪
『バレンタイン給食』


綿雪のあまりの健気さに兄の帰りたい欲求がマッハでした。
いや本当に、会社から携帯でこのへんの日記は見てたんですが、
いっそ早退しますと言い放って帰ってしまおうかと何度も思いましたよ。
まぁ、物事を途中で投げ出すようでは家族に顔向けできぬと
自分を叱咤して仕事してたんですけどね?
しかし綿雪はこう、なんというか、今までの妹というポジションから
一足飛びに『女の子』の領域に踏み込んできたなぁ、という気が。


8.吹雪
『ナンバーワン』


綿雪の日記について叫んだ直後に吹雪の日記が更新されていて、
このタイミングを乗り切るのがマジでつからった。
というかですよ、自分自身より兄が好きとか言われたら
即座に飛んでって抱きしめてあげたくなるじゃないですか!
兄には自分より吹雪のほうが大事だよと言ってあげたいじゃないですか!
もうなんというかね、ほんとにね、悶えましたわ。
キャスト発表の後であったために茅原ボイスで脳内再生されたので更に。


9.夕凪
『ただいまじかる~!!!』


ただいまじかる、これは流行る!
無論概ねにおいてト長内部のみで爆発的に。
しかし夕凪さんは相変わらず兄に対する独占欲がかなり強いね。
まだ子供っぽい感情の動きとはいえですよ、
ブラックホールで兄の心を飲み込んで一生離さない、とかすごいな。
さすがは南の島(押入れ内部)で二人っきりごっこをやって
兄の独占を実践しただけのことはあるというかなんというか。


10.麗
『乗るならやっぱり』


兄が鉄道好きと言う前提があるとはいえ(恐らく公式的には誤解に近いレベル)
麗がすごい勢いでデレた! デレたよママン!
今回は津軽21形の良さを語っておりましたが、バレンタイン仕様は確かに
ちょっとネーミングセンスがどうかと思わないでもないw
内装もなんというか、バレンタインセール中のお菓子屋さんみたいな感じですし。
だがまあ、こう言うのもちょっと乗ってみたい、と思う麗もまた、
成長しているってことなんだなぁ、としみじみ思ったり。


11.氷柱
『は?』


氷柱は表面的な部分が一貫してるように見えて、実は一番軟化してるなぁ。
今年はチョコこそ『共同制作』という形で個別というのはなくなったようですが、
相変わらず兄に対する独占欲は強いようで、
好きも嫌いもなく一緒にいるのが当然、と思ってくれているのは嬉しい限り。
今日の『誰が一番愛してるか競争』をくだらない競争と切って捨てつつも、
自分の一番近くに居るのが当たり前の存在と所有権を主張する辺りが
実にこの子らしいというか何と言うか、兄はニヤニヤするばかり。


12.星花
『逆チョコ!』


星花はやっぱりもてるんだなぁ、というのが良く分かりました。
以前のコヤマ君の時もそうでしたが、男の子に人気あるタイプですよね。
活発で男の子とも一緒に遊ぶ子で、しかもあれだけ可愛いとなれば
言い寄らない男がおかしいんじゃねぇのと思ってしまうくらいですが。
しかしまぁ、星花はそういった事は眼中に無いようで、
逆チョコも兄と一緒に食べようと言い出す辺り、本当に意味解ってないんだなぁw
兄としては微笑ましくもあり、やや心配でもあり。


さて、じゃあ次の6件へ(6人じゃなくて6件というのがポイント)

|

« 今年もこの日がやってきた① | トップページ | 今年もこの日がやってきた③ »

BabyPrincess」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016294/38871378

この記事へのトラックバック一覧です: 今年もこの日がやってきた②:

« 今年もこの日がやってきた① | トップページ | 今年もこの日がやってきた③ »