« 姉妹日記・さくら14 | トップページ | 姉妹日記・立夏15 »

2009年2月23日 (月)

姉妹日記・観月14

話が合わないというのは辛い事です……
いえ、なんと言うか私リアル実家内部ではマイノリティなので。
下手な事言うと右傾化とか騒がれるんですよねぇ……orz

と、落ち込んでばかりもいられません。
今日の日記は観月の当番でした。
先週のさくらのなぞなぞのついての話のようですが……

2009/02/23
『赤さん』


……ごめん、赤さんと聞くとビリー兄貴の肉体が浮かぶんです。
アレほどインパクトのあるモザイクはガン×ソード以来ですよ……
ってだから関係ないって。

赤子というものは――
不思議なものじゃ。


観月が赤ん坊について語る内容ですが、
これはあれですかね、知を持たないが故の無垢みたいな。
アルジャーノンに花束ををちょいと思い出したような。

前におばあが言うておった。

……これはトゥルー家祖母なのでしょうか。
それとも観月が懇意にしている老婆がいると言う事なのでしょうか。

赤さんにはいつだって、
特別な守りがついている。
だから赤さんのそばにおれば、
おぬし――わらわのことじゃ、
わらわにも――
悪い気の近寄ることなく
守られておることができる、と。
だから、いざとなったら――
赤さんのそばにおるように言われた。


この発言を見ると、この方もまた観月と同じく
人ならざる者が見えるような人であった、のでしょうか。
『赤さん』という独特の呼び方はこの人の物のようですね。
……ふーむ、観月のこの口調はこの女性譲り、でしょうか。
これがトゥルー祖母様としたら、離れの和室等で
観月と祖母が共に暮らしていた頃があったのかもしれませんね。
……や、年齢を勘案しても精々2、3年前くらいでしょうが。

わらわは――赤子は好きじゃ。
あさひを見ていると――
どうしたって触れてみたくなる。

寝顔をみていたら、
どうしたって眠くなる――。


あー、わかるなぁこれ。
赤ん坊って無意識になんかあやしたりとか
指を握らせたりとかしたくなるんですよねぇ。
横で眠ってしまう事もまた多く。

そうか、わかったぞ。

兄じゃは赤子に似ておるのじゃ!
オーラの色は違うけれど――
うむ。
はぁ――すっきりした!
そうであったか……

兄じゃを見ていたら、
どうしたって――


……触れたくなる、という事でしょうかね、これは。
もうどんと来なさいウェルカムですよ。
兄に触れることで観月が幸せな気分になれるのであれば
それで本望! あ、勿論服は着てますよ? 全裸だなんてとんでもない。

というわけで観月が語るさくらのなぞなぞの答は『あさひ』だそうです。
正解者には手作りの金メダルがあるのだとか。
……これ、もし正解なら間違いなく観月にあげるべきですよね?


サイトの捕捉などを。

メイド服の星花&夕凪空色計画様)
仲睦まじい……というか最近この二人が描かれた絵には
結構な率でなんというか、その、桃色のオーラが見える気がですね。
圧倒的多数の喜ぶ人を尻目に複雑な兄であった。

教科書に名前を、な氷柱&綿雪(Mint Blue+Suger様・2/23)
あー、綿雪は実際は喜びながらも自分の名前がちゃんと書けるというのを
兄に自慢してみたかったなーとか考えてると可愛いですね(妄想乙)
なんか氷柱は字が凄い上手いイメージ。 ボールペン字の見本みたいに。

|

« 姉妹日記・さくら14 | トップページ | 姉妹日記・立夏15 »

BabyPrincess」カテゴリの記事

サイト捕捉」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016294/28329534

この記事へのトラックバック一覧です: 姉妹日記・観月14:

« 姉妹日記・さくら14 | トップページ | 姉妹日記・立夏15 »