« 姉妹日記・海晴12 | トップページ | 新年のご挨拶&年末から元旦に掛けての日記 »

2008年12月26日 (金)

姉妹日記・霙13

クリスマスも終わって、あとは年末に向けて一直線。
師走もいよいよ大詰めです。
そんな今日の日記は霙姉さんの登場。
なにやらいつにも増して雰囲気が……?

2008/12/26
『終焉』


もうすぐ今年も――終わる。

ついに今年も――
この時がやってきたな。

すべてが――終わりを告げる時。
何もかもが――塵となり、
一時の夢として――泡沫のごとく

消えてゆく――。


久しぶりに見た気がします、姉さんのこういう側面。
物事の終わりという事象にいたく惹かれる姉さんのことなので、
年の終わりの日記はこの人であろう、と思っていました。

この1年に起こったことは――
すべて去り、
新しい年の訪れとともに、
すべては真っ白な新しい
時空の到来に満たされる――


ある意味、一年の垢を落として心機一転、という
きわめてポジティブな思考の感じもしますな。

その先に何があるのか、
何が待ち受けているのか――
誰にも予想できない、
この年の暮れ――。


確かに、あと数日とはいえ油断はできないわけで。

今日でこの日記も終わる。

あと残っているのは――
大掃除のみだ。

これで――なにもかも

チャラ、だ。

フフ――なんという快感。


……今、何気に凄い事を言われた気がしますが、良く考えよう。
これは恐らく『今年の分の日記は今日で最後』という
事なのではないか、と思うわけですよ、ええ。
その前の文章で散々『一年区切りの新生』のような事を言っていたのは、
その辺りがあるんじゃないかなーと思うわけで。

……とはいえ、本当に日記がこれで終わりという可能性も否定できず。
ゴッドの筆力をフルに使ったこの1年の日記は非常に密度が濃く、
来年度も続けられるのか、という問題は確かに存在するわけで。
この辺りは年が明けてみないと何とも言えませんが……

この1年は――オマエが来て、
なかなか楽しい1年だった。


そう。 今年は長男にとっても『初めての1年』だったわけです。
全てが初めてだった今年は終わりを告げるのです。
元々『長男に姉妹の事を色々と知ってもらう』為に始まったこの日記。
故に丸一年を迎えたこのタイミングで終了となったとしても、
それはごく自然な事なのではないかな、と思います。

や、心情的には思いっきり動揺していますよ、していますとも。
本当にこれで日記終わっちゃったら来年からどうしよう的な混乱がありますとも。
しかしまぁ、上記のように考えれば有り得ない話でもないのかな、と思うわけで。
というか日記捕捉が無くなったらこのブログ消滅しかねませんね。

もし日記が終わるのであれば、代替的な企画があると嬉しいですね。
ちょっと形式を変えて、もうちょっと小ぢんまりとした形での
連載とかになったりすると面白いかな、とも思います。
日記ではなく家族の雑記帳的な感じで。
イメージ的にはリビングとかにあるホワイトボード的なもの。
伝言メモを張った付箋やらちょっとしたメッセージなんかが書いてあるようなの。

ともあれ、明日の本誌を待ちつつ戦々恐々としていようと思います。


これが最後になるかもしれないサイト捕捉。

トゥルー・クリスマス当日True Sister Freedom様)
最初3コマでニヤニヤしてしまった人は恐らく古参兵の方々かと(私含む)
3枚分のALTメッセージの『No.8 Sincerely yours』もニヤニヤですよ。
そう、No.8……12人の妹たちで8番目だった、彼女です。
確かに彼女なら天候操作式の人工降雪装置とか作れそうだもんなぁ。
あとはもう何だ、細かい事を色々書くより見ていただいたほうが早い。
皆思う存分にニヤニヤするべし。

|

« 姉妹日記・海晴12 | トップページ | 新年のご挨拶&年末から元旦に掛けての日記 »

BabyPrincess」カテゴリの記事

サイト捕捉」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016294/26526197

この記事へのトラックバック一覧です: 姉妹日記・霙13:

« 姉妹日記・海晴12 | トップページ | 新年のご挨拶&年末から元旦に掛けての日記 »