« 姉妹日記・麗20 | トップページ | 姉妹日記・観月12 »

2008年12月11日 (木)

姉妹日記・麗21

週末を明日に控えた木曜日。
本日の日記は……うん、なんというかもう慣れましたねこの状況。
そんな訳で2日連続女王こと再びです。
昨日の日記、おかしい所は無かったような気もするんですが……?

2008/12/11
『美しい夜』


と聞くとフォーグラー博士を思い出してしまう私を誰が責められようか。
そして再び、いつの日か必ず、美しい夜を……!

失礼、脱線しました。

10行以上書いたのに――

中身が中途半端だっていって
バツ当番なんて――

絶対オカシイと思う。

あなたも――
そう思うでしょ?


うん、実際昨日の日記に関しては長男の視点から見ても
やや短めながらもちゃんと一連の話題に絡めて書いてあったし、
何も問題は無いと思ったんですが。
内容が中途半端……かなぁ?
強いて言うならタイトル(『クリスマスなんて』)と日記の内容が
ややちぐはぐだったかなぁ、と思えるくらいでしかない訳で。
駄目出しはほぼ間違いなく海晴姉さんだと思うんですが、
麗に対しては過剰とも思える過保護っぷりではないでしょうか。
それだけ心配している、という事も分かるんですが。
麗みたいなタイプの子は、上から押さえつけるだけじゃ
肝心な部分は変わらないんですけどね……

まあ、正否はともかく海晴姉さんを擁護しておくと、

だいたい――

こんな家族日記なんて。

書きたいヒトだけが書けばいいのよ!


とまぁ、麗の『嫌々書いている』という主張を見ているからこそ、
わざと回数を書かせているのではないか、と思っているのですが。
恐らくは麗が日記を『義務』だと捉えているうちは、
些細な事であっても容赦なく書き直しが発生するんじゃないでしょうかね。

麗に限った事ではありませんが、家族の日記は基本的に
好きな事に関してや最近の話題を書く、というスタイルに終始する訳で、
麗本人が自分をマイノリティと認識しているために
自分の日記は誰も期待していない、と自虐入った考え方になってるようで。
この辺りがネックなのかな、と思います。

しかしこの考えは実に根が深いもので、
普通の人ですらその手の意識を克服するのは容易ではないのに、
ただでさえ姉妹の中では趣味が特殊で浮いた形の麗です。
日常生活で常に『自分の好きなものは他の家族にとって同義ではない』訳で、
そういった事へのコンプレックスはたぶん姉妹内で一番強いのだと思います。
なまじ良く分かるだけに、これについてはあまり厳しく言いたくは無いのですが。

だって、たいがい
頭の中に浮かんでいるのは、
地下鉄のこととか、
踏切のこととか、
車止めとか、E233系とか――


と、話が切り替わるととたんに饒舌になる麗ですが、
長男的にはこの『鉄ネタを嬉しそうに書く麗』も好きなのであって、
ちゃんと感情を表現して書いてくれているのが嬉しい、と思う訳なのですが。
E233系の灯りをイルミネーションに喩える辺り、
この子の可愛いところだと思うんですよねぇ。

と、最後に昨日の話題に関連した発言が。

さくらのことは――あなたにまかせるわ。

きっと――
幼稚園でやるクリスマス劇「幼子イエス」のお話と
混ざっちゃってるんだと思うの。

だいたい――さくらに赤ちゃんなんて
育てられるわけがないでしょ?


……納得しました。
さくらはクリスマス劇でマリアの役をやる,もしくはその話を読んで、
子供を育てる母親像というものに憧れを抱いてしまったようですね。
現実的に考えると乳幼児を卒業してまだ数年のさくらに
育児というのは基本的にも応用的にも無理であるわけで、
そうなるとまた話はややこしくなってくるなぁ……
恐らくは明日辺りさくら本人が来るとは思うんですが……
さて、どうしたものか。


サイト捕捉はお休みの方向で。

|

« 姉妹日記・麗20 | トップページ | 姉妹日記・観月12 »

BabyPrincess」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016294/26111804

この記事へのトラックバック一覧です: 姉妹日記・麗21:

« 姉妹日記・麗20 | トップページ | 姉妹日記・観月12 »