« 姉妹日記・麗18 | トップページ | 姉妹日記・さくら11 »

2008年11月 7日 (金)

姉妹日記・麗19

月曜が祝日だったため、1回少ない今週の日記。
その最後を締めくくるのは、昨日に引き続いて登場のです。
……うん、正直昨日のアレだけだと混乱するから、
今日ちゃんとフォローがあるのはありがたいです。

2008/11/07
『私の好きなもの』


私の好きなもの。

――それは、

雲のない晴れた夜の空、
夜空の色の学校の制服、
分岐器のある踏切、
鉄道の写真集、
この前もらった車掌の笛、
車止めの×マーク、
電車のドアの長丸の取っ手、
ソーダ味のグミ入りソフトキャンディに、
ステッドラーの製図用のシャーペン、
おうちで飲む抹茶ミルク、

そして最愛のコイビト105系――


麗の好きなものたち。
105系を筆頭に、色々とあるようですが……
ステッドラーの製図用シャーペンとはまた通な。
私も学生時代は愛用してましたな、製図用のシャーペン。

……とまぁ、関係ない話はさておき、です。

知ってます。
ハツコイのあのヒトは、
今はもういないってこと。


麗が沈んだままだった理由は、
やはり先月の105系訓練車の引退だった様子。
今頃どうこう、ではなく今までは語ることすら出来なかったらしく。
……麗の純粋さを知ってると、沈みっぷりも理解できるかなぁ。

今では少し話すことも出来るようですが、
まだまだ悲しみは根深く残っている様子。
最後の日は分岐器の見える場所で日がな一日過ごしたらしいです。

知ってる?
分岐器ってね、
10分に1回くらいの間隔で――
レールが動くたびに。

チリチリチリチリ――

って。
金属のレールがコンクリートのマクラギをこするような――
小さくてかすかな――音が聞こえるの。

とてもかわいい――
心の落ち着く優しい音――。


その音を聞きながら、自分の心を落ち着けていたんでしょう。

どうやら麗は、何かを好きになることに対する潜在的な恐怖があるようです。
これはきっと麗が純粋であるからこその反応だとは思うんですが、
好きになればなるほど、その喪失は重くのしかかってくる訳で。
その軋みが結局『好きなものは皆無くなってしまう』という考えに
直結してしまっているんじゃないかなぁ、と。

……だからこそ、であるのでしょう。
麗の長男に対する評価が、言葉の上では変わらないのは。

昨日はあんなこと言ったけど――
やっぱり。
やっぱりあなたは――
そう簡単に――
私の前からはいなくならないわよね?

だって――
こんなに大嫌いなんだもの。

私、オトコなんて大嫌い。

でも家族だから――
仕方ないから――

いつか西に行くときは――
一緒に行ってあげてもいいわ――。


……このくだりだけで、皆充分過ぎるほどに解っていると思います。
麗がどんな想いで長男に対してこの言葉を告げているのか。

いつの日にか、この子の『仕方なく』に付き合って。
105系に乗るために、西へと旅に出る日が来るでしょうか。
少なくとも私は、必ずその日は来ると確信しております。


サイトの捕捉を。

うさぎひょうちゅうちゃん空色計画様)
ホタのことです、きっと氷柱のスレンダーな体系を活かした
実に良く似合う衣装を作成してくれていたに違いありません。
勿論似合ってるよと褒めようもんなら蹴られるわけですが。

じゃんけんぐりこの星花組ねむ荘様)
うん、確かにグーで勝ってもあまり得した気にはなれませんね。
夕凪さんはその手の本能行動にしたがって手が偏りそうです。
そして吹雪は逆にバランス派だと思います。

立冬の日に寒色系の麗(Mint Blue+Suger様・11/07)
今日の日記での表現『夜空の色の学校の制服』っていうのが、
なんかすごくこの子らしいと思ってしまった矢先にこのイラスト。
なんというか、こう……上手く言葉に出来ないが実に良い。

|

« 姉妹日記・麗18 | トップページ | 姉妹日記・さくら11 »

BabyPrincess」カテゴリの記事

サイト捕捉」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016294/25114441

この記事へのトラックバック一覧です: 姉妹日記・麗19:

« 姉妹日記・麗18 | トップページ | 姉妹日記・さくら11 »