« 姉妹日記・霙11 | トップページ | 姉妹日記・海晴11 »

2008年11月18日 (火)

姉妹日記・小雨11

再び気候が寒いほうへと傾いてきました。
って言うか明日凄い寒いらしいんですがっ。

そんな冬間近な今日の日記は小雨です。
話題は未だ病床の観月のこと。

2008/11/18
『明日は。』


まず最初が長男へのねぎらいというのが
実に小雨らしいというか、このこはほんと優しいなぁと。

おかげで――
観月ちゃんの水ぼうそうは
ずいぶん良くなったみたいですね!


そのようで何よりです。
残っている湿疹の数も少なくなったようで、
快復に向かっている様子。

まだ目立って残っているのは
1番最初に出来た
おでこの大きなのがひとつと、
あとはうなじに3つくらいと、
おしりにひとつ――
そのくらいかな?

お兄ちゃんも見ました?


……うん、多分おしりの一つ以外は見たんじゃないかな。

小雨の時は――
もうあんまりちっちゃく
なかったせいもあって、
けっこうひどかったんです。

この、
腰骨のトコロに
今でもまだひとつだけ
跡が残ってるんです――


誘ってるのか!? 小雨、それは誘ってるのか!?
見て欲しいって事ですか、なら遠慮なく見るよ!?

……失礼、取り乱しました。
小雨はたまにこの手の発言をナチュラルにするので困りますね。

ともあれ、小雨には、観月が少し羨ましかった、との事。

ゆうべ、観月ちゃんのいる離れから
聞こえてきたとっても楽しそうな笑い声――

小雨の時はね、
もちろんお兄ちゃんは
まだこのおうちにいなくって、

小雨ひとり――
あの離れにいて――
さびしく――
「ホビットの冒険」を
読んで――


……確かに、小雨が水疱瘡を患っていた頃はまだ兄は居なかった、というか
兄が居ることすら知らなかった子の方が多いのではないかと思われます。
しかし、小学3年の頃にホビットの冒険とは。
小雨は海外の小説も多く読むみたいですね。
ナルニアとかも読んでるんだろうか。

しかし、今はもう兄が居るわけで、
もし今後小雨が観月と同じように離れで寝ているとかいう状況になれば、
兄は何をおいても見舞いに駆けつけるであろうことは想像に難くありません。
……だからってホイホイと病気になられても困りますが。

観月は明日の午後に診察をしてもらって、
そこでOKが出れば晴れて完治、という事になるそうです。

帰りにみんなで
お迎えに行って――
お祝いにクレープでもいただきませんか?


それはいいアイディア、というか快気祝いの前祝い、ですよねきっと。
多分トゥルー家ならば、水疱瘡の快気祝いとかだと
盛大にやりそうな気がするんで。


サイト捕捉はアンテナに引っかかったら、という事で。

|

« 姉妹日記・霙11 | トップページ | 姉妹日記・海晴11 »

BabyPrincess」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016294/25454870

この記事へのトラックバック一覧です: 姉妹日記・小雨11:

« 姉妹日記・霙11 | トップページ | 姉妹日記・海晴11 »