« 帰還報告 | トップページ | 姉妹日記・虹子10 »

2008年10月14日 (火)

姉妹日記・吹雪10

さあ、復帰第1回目の日記感想ですよ。
先週の日記もあれこれありますが、個人的には
リアルタイムで進行する日記にはリアルタイム反応、という
不文律を適用していますので、そのまま行きます。
というわけで、本日の日記担当は吹雪
なにやら題名からして数学的な雰囲気ですが……?

2008/10/14
『パスカルズ』


今回からちょっと日付とタイトルも入れていくことにしました。
こうすれば判別しやすいしね!

さて、吹雪の日記ですが、まずは昨日、体育の日について。
昨日はみんなで運動をする、という体育の日らしいイベントが
トゥルー家ではあったようです。
しかし、書き振りからすると吹雪は不参加だったのでしょうか。
虹子やさくらなど、小さい子達の事にだけふれている所を見ると、
小さな子限定だったのかもしれません。

さくらといえば――
覗き騒動の時はずいぶん泣いていましたが、
例の猫は無事に引き取り手も決まり、
最近はその家に猫を見に――よく
遊びに行ったりもしているようです。


おお、あの猫は別の家に引き取られたのですね。
さくらは猫に会うためにたびたび出かけていると。
海晴姉さんは、さくらには却っていい影響だったと
言っていたそうです。
……そういえば立夏の怪我はもう治ったんですかね。

さくらと観月とマリーは――
3人とも幼稚園生ですが、
見た目も性格もかなり違っていて、
大変おもしろい――三角形を構成しています。
まるで頂点同士が常に等距離にある
小さな美しい正三角形のようです。


確かに、姉妹たちの中でもこの3人は歳が近い中でも
かなり個性が突出している感じがありますね。
次の3人部屋は彼女たちではないか、と吹雪は考えているようです。

今の3人部屋2つについても吹雪は考察しています。
自分たちの部屋が頂点の鋭い二等辺三角形、というのは……
吹雪は自分が浮いた存在だと思っているのでしょうか。
うーむ、そういう考えを持たなくてすむようにしてあげたいなぁ。

麗姉と小雨姉と立夏姉の部屋は――そうですね。
本で読んだあのブラックホールのような引力を有するという――
バミューダ・トライアングルとでも言うべきでしょうか?

フフ――。


こういう評価になった一番の原因はたぶん立夏。
またしてもカオスの権化扱いです。 まぁ間違ってはいないでしょうけど。

吹雪いわく、19という数字は姉妹としては中途半端、だそうです。
確かに、19は素数ですので割り切れません。
チーム分けの際に必ず偏りが出るかあぶれる子が出る。
……厳密には乳幼児もいるので、バランス的なもので考えると
それなりに分けられそうではありますが。

しかし、この問題は長男が入って20人となることで
解決した、と吹雪は言います。
パスカルの三角形の7段目。

もし、次の21人目がやってくれば――
フィボナッチ数になりますね 


……もしかして。 増える予定ありなのですかトゥルー家族。
この後さらに子供が生まれると?
もしくは他にも生き別れの姉妹が存在すると?
……どっちにしろ、可能性としては否定できないので困りますね。

さておき、フィボナッチ数というのはフィボナッチ数列とも言われ、
その定義は数式で表されるわけなのですが、
簡単に言えば、前2項の和となる数列です。
具体的にはフィボナッチ定数は
0.1.1.2.3.5.8.13.21.34.55.89……といった感じになります。
ひとつの数値は必ず前2つの数値を足した値である、というもので、
これは黄金比にも出てくる数値です。
相変わらず吹雪は難しい事知ってるなぁ……


サイトの捕捉は少しだけ。
うーむ、イベント行きたかったなぁ。

べびプリ4コマ『北海道からただいま』にににに様)
うん。 本当に冗談抜きでフレディはどうしていたんだろうと。
裏山で生活してたんでしょうか、彼。
それとも誰か他の人が世話をしに……? 

|

« 帰還報告 | トップページ | 姉妹日記・虹子10 »

BabyPrincess」カテゴリの記事

サイト捕捉」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016294/24505209

この記事へのトラックバック一覧です: 姉妹日記・吹雪10:

« 帰還報告 | トップページ | 姉妹日記・虹子10 »