« 姉妹日記・麗16 | トップページ | 姉妹日記・綿雪10 »

2008年10月17日 (金)

姉妹日記・麗17

週末です。 でも明日も仕事です。
……うーむ、3連休で土曜出勤よりは
普通に土日休みのほうがいいなぁ。

関係無い話に逸れましたが、今日の姉妹日記は昨日に引き続いてです。
別に怒られたから書き直し、と言うわけでもなさそうですが……?

2008/10/17
『じゃあ、アナタが行ってくれるの?』


なんともまあ直球なタイトルです。
昨日の日記の事を鑑みると、最後が読めますね?
ともあれ、日記の書き出しは昨日よりかなりトーンダウンです。
海晴姉さんの言いつけに関しては割と本気で捨て鉢っぽいですが、

でも――。

まあ、たしかに。

オトコっていうだけで――
アナタまでひとまとめにして
罵ったのは――
撤回するわ。

海晴姉様の言うとおり。
アナタは「オトコ」じゃなくて
「家族」――なのよね。

――うん。


この辺が、現状麗の感情的な部分の落とし所なのでしょう。
男は今でも嫌いだけれど、兄に対しては少し違う感情があって、
それを納得させるための理由が『家族』……
そういう事なんだと思います。

そうと思わなければ、男と同じ家に住むなんて出来ない、と言うのは
麗が後からつけた理由付の一つなんでしょうね。
長男を許容している自分がいて、その理由は家族だからで、
それを補強するためにこういう言い方をする、って言うのは
実に麗らしい不器用さがあると思います。

それに、海晴姉様が言ってたわ。

アナタは頼りになる家族で唯一の
オニイチャンなんだからって――。

だから――
――うん。
それなら。

この際頼ってみよっかな。


……兄としては。 麗のこの思考は喜ぶべき所です。
頼りにしてくれる、と言うのはうれしいものです。

その後の麗の話によれば。
やはり家族で出かける際は『みんなが楽しめること』が前提のようですね。
そして一人の遠出は中学生になってから。
この辺りは大体どの家庭でもある、暗黙のルールみたいなものですが、
麗にとってはこのルールが非常に辛い物になっているのは良く解ります。
趣味が特殊で、姉妹の中に理解者がいないと言うことは、
イコールで自分が一番望む場所は間違いなく『対象外』になる訳ですから。

だから、アナタが――
もし、アナタが――
私を連れていくって言ってくれたら――
そうしたら私アナタのこともっと――


……若干兄の存在をダシにしているような部分が見えますが、
しかし、純粋に兄としての感情で言うなら、
その趣味ゆえにいつも貧乏くじを引いて我慢している麗に、
何かをしてあげたい、と思ってしまうこともまた事実であります。
姉妹の中に理解者がいないのであれば、
せめて自分だけは麗の趣味を蔑ろにはするまい、と。

麗は自分の趣味が世間一般の同年代の子達からは
ずれている、と言うことをよく理解しています。
だからこそ、海晴姉さんがそれを快く思っていないのでは、と言う
疑心暗鬼のような感情も持ってしまっているのではないでしょうか。

実際は一つのことに傾倒しすぎて周りを見なくなるのがまずいのであって、
少々趣味が違っていても、それを許容できる度量を
この家族たちは持ち合わせているんだと思うんです。
ただ、麗はその幼さから視野が極端に狭くなりがちで、
他の家族はそれを心配しているのだろうなぁ、と。
であれば、麗の趣味を理解しつつも周囲に視線を向けさせるのは
長男の役目なのではないか、と思っているわけです。

ところで、世間のトゥルー長男の大半が気になっていたであろう
ヒデトラ君についても、今日の日記で説明がありましたね。

ヒデトラは同級生のルナちゃんの弟で――
私たちとは2つちがいだから――まだ3年生。


同級生の弟。 しかもこの年齢で昨日の口ぶりからすると、
生意気盛りの元気な男の子のようです。
あれですかね、趣味が近いということもあってか、
恐らくですが、こう……このヒデトラ君にとって、
自覚するしないはさておき、麗は気になる女性のようです。
麗自身は前述の男嫌いという面もあり、
そしてまた、今回の自慢が心底悔しいと言う部分もあり、
その手の感情を抱く以前の問題のようですが。
というかヒデトラ君的には麗がここまで悔しがるとは思ってなかったろうなぁ。
そういう面では、麗がこういう性格でよかったのかも、と安堵する自分が。

ともあれ我々の為すべき事は決まりました。
今週末は、麗と共に鉄道博物館の見学と参りましょう。


サイトの捕捉などを。

File20『終末の始まり』第3夜Mint Blue+Suger様)
霙姉さんの終末論は、虚無主義とかそういうものではなく、
終末があるからこそ、そこに至る毎日はかけがえの無い物であり、
一瞬たりとも無駄には出来ない、という類のものに思えます。
つまり、人生を楽しむために敢えて終わりを意識する、みたいな?

夕凪さん&電波受信中な吹雪(non title様・9/17)
夕凪さんかわいいよ夕凪さん。 きっとあのネコ型ポシェットの中には
おまじないに使うものが色々と入っているに違いないのです。
決してホッチキスとかが入っているわけではないと思います
(それなんて戦場ヶ原さんですか)

|

« 姉妹日記・麗16 | トップページ | 姉妹日記・綿雪10 »

BabyPrincess」カテゴリの記事

サイト捕捉」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016294/24568097

この記事へのトラックバック一覧です: 姉妹日記・麗17:

« 姉妹日記・麗16 | トップページ | 姉妹日記・綿雪10 »