« 姉妹日記・蛍9 | トップページ | 姉妹日記・霙10 »

2008年9月 8日 (月)

姉妹日記・綿雪9

週の初めがいきなり涼しくなって体調崩し気味です。
ううむ、この寒暖の差が激しい……
そんな中でも救いになる、今日の日記は綿雪の番。
この子も季節の変わり目を感じているようです。

9月になって――
カレンダーにはお月様とまっしろなおだんご。
それに――かわいいうさぎさんがいっぱい!
みんなでおもちつきをしています


9月といえばお月見。 中秋の名月ですね。
それにあわせてカレンダーもそれっぽいものに。
綿雪は兎の餅つきの絵をトゥルー家の面々と重ねているようです。

餅つき、で思い出しました。
トゥルー家、正月の餅はどうしてるんだろう。
今年は長男も慣れたことだし、是非餅つきイベントを。
きっと杵と臼くらいならあるよ、この家。

リッカお姉ちゃん達の宿題騒動も終わって――
今週は――
お家の中は少し落ち着いた雰囲気です。


なんとか立夏の宿題も片付いたようですね。
全くお騒がせというか何と言うか。
毎年の行事だと思うと、これも一種の風物詩ですかね。

綿雪の部屋はリビングに面しているようで、
色々と楽しい話やなんかが飛び込んでくるようです。
これはあれですかね、有事の際に気付きやすいって言うのと、
一人部屋で寝ている綿雪が寂しくないように、という配慮。
このあたり、細かいところですが気配りが出来ています。

大分朝晩は涼しくなりましたが、それでもまだ日中は暑いです。
それに関して文句が出るのは氷柱と霙姉さんとのこと。
吹雪も暑いのは苦手でしょうけど、この子はそういう文句は言わなさそう。
そんな中、朝晩の涼しさを感じるにつけ、
綿雪は少し寂しさを感じてしまうようです。

秋の始まりの――
澄んだ冷たい空気のせいかな。

ほんの少しだけ、胸が痛いです――


この辺の感覚はなんとなく理解できますね。
秋は物悲しい季節といいますが、まさにその通りで、
どうしても一人でいるとそんな感じに囚われてしまいがちです。
このあたり、病気で臥せっている事の多かった綿雪には
人一倍感じられてしまうのでしょう。

もっとも、この子はこれで結構したたかな面も持ち合わせているので、

ね、お兄ちゃん。
お願い。
淋しくなっちゃったユキを――

今日はちょっとだけ、
ギューって――
してください


……こんな風な甘え方も出来るわけですよ。
こんな事言われちゃったら、兄としてはもう優しく抱っこしてあげるしかない訳で。
膝の上に乗っけて後ろから抱きかかえてあげる感じで。


サイト捕捉など。

トゥルー家断絶・その17『あどけなき』(わしンち様・9/6)
観月はしゃべり方等はかなり老成した感じなんですが、内面を見ると
しっかり子供なんで、逆にそのギャップがたまらないと言いますか。
老成した言葉を使いつつも、実際はただ手を繋ぎたいだけだったり
肩車して欲しかったり抱っこして欲しかったりと……可愛いじゃないですか。

|

« 姉妹日記・蛍9 | トップページ | 姉妹日記・霙10 »

BabyPrincess」カテゴリの記事

サイト捕捉」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016294/23604842

この記事へのトラックバック一覧です: 姉妹日記・綿雪9:

« 姉妹日記・蛍9 | トップページ | 姉妹日記・霙10 »