« 姉妹日記・蛍7 | トップページ | 姉妹日記・夕凪7 »

2008年7月11日 (金)

姉妹日記・霙8

家に帰ってこなかった霙姉さん。
その行方を捜して我々トゥルー家族は東奔西走。
そんな週末になりましたが、今日の姉妹日記は霙姉さん。
って、どこで書いてるんですかその日記。

私は今――
どこにいるのだろうか?


それはこっちの台詞ですって。
タイトルからすると、どうも裏山にいるようではありますが……

帰宅途中からの記憶が、
なぜか――

ぼんやりとどこかへ抜き去られてしまったかのように――

遠い気がする。


これは思い出せないというより、既に意識が朦朧としているのでは。
直近の記憶が曖昧になるのは危険だなぁ。
意識の混濁が発生しているとなると、結構切羽詰った状況のようです。
熱中症にでもかかって朦朧としていたのか、
もしくは、本当にアブダクションとかされてしまったのでしょうか。

姉さんはどうやら、一つ所に座り込んで長い間じっとしていた様子。
これは山の中で遭難した場合、場所を選べば有効な手段です。
夜露をしのげる場所が一番いいんですが……
とはいえ、動いていなかったと言っても一晩飲まず喰わず。
既に大分疲弊しているようで。

これは――いよいよその時が来たのだろうか。

だめ それ以上いけない
こういうときに一番まずいのが「もうダメかも」と思う事だといいます。
霙姉さんは普段から終末思想を持っている人ですので、
こういう状況も飄々と受け入れてしまいかねないのが怖い。

そうしていよいよ、という時に人間が思い出す風景。
それは世間で言うところの走馬灯なのですが……ってちょっと姉さん待ちなさい。

このまま、私はここで朽ちるのだろうか。
永遠にともに過ごそうと願った私の愛しい家族たち――
さようなら、私は一足先に塵となって無に還ろう。


だめー!! 絶対だめーーーーーッ!
いかんですよそんなのは、長男どころか家族全員が許しません!
誰か、誰かある!
早くこの者を見つけよ!


どこからか――
空耳が聞こえる。

私をさがす――小さな者たちの声と
少しだけ低く響くのは――オマエの声か。
甘く響いて――私の心をかき乱す。


でかした長男! そして年少組!
恐らくは捜索に観月も加わっていると思われますので、
この手の波動をキャッチできれば!

やはり幻だろうか?

ああ、引き戻される――


……危ないところでした。
危うく連載中に家族が一人減る、などという
恐ろしい事態になりかねない状況でした。
遭難したのが霙姉さん、というのも余計に危機感を煽りましたよもう!

なんにせよ、混濁した状況で声が聞こえるくらい近いということは、
すぐ近くか、もしかしたらもう見つけられているのかもしれません。
すぐに搬送の手配をしなければ……取り敢えずは負ぶって下山、ですね。



サイトの捕捉など。

べびプリ4コマ「踏み台」にににに様)
ああ! あなたは冒頭で行方不明になる勇者の父じゃないですか!
まあ今回は名前の読みも同じという事でこれはこれでオッケーなのでは。
しかし綿雪のネーミングセンスは惚れざるを得ない。

浴衣姿の乙女モードヒカル空色計画様)
なんという乙女! このはにかんだような表情がまた!
そりゃ長男もうっかり求婚してしまいますよ!
流石は姉妹随一の乙女度を誇るヒカル。

|

« 姉妹日記・蛍7 | トップページ | 姉妹日記・夕凪7 »

BabyPrincess」カテゴリの記事

サイト捕捉」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016294/22227891

この記事へのトラックバック一覧です: 姉妹日記・霙8:

« 姉妹日記・蛍7 | トップページ | 姉妹日記・夕凪7 »