« 姉妹日記・真璃6 | トップページ | 姉妹日記・霙7 »

2008年6月11日 (水)

姉妹日記・星花6

湿気が高く、不快指数も高い。
こういう時はテンションが低調になりがちなので注意が必要。

もっとも、そんな感覚は今日の姉妹日記で吹き飛びましたが。
本日の担当は星花。
いつも賑やかな彼女ですが、今日は少し違った意味で慌てているようです。

お、おおおおお―――

お兄ちゃんっ!!


いきなり盛大に慌てています。
余程驚くことがあったのでしょう。

どうしよぅ――

これ――

あの――

これ――

……

もらっちゃった……


……貰った、とな?
何やらいやな予感がひしひしと。
なんだろう、この感覚。
確か遠い昔に、これと同じ感覚を経験したことが……?

隣のクラスのコヤマくんが――
いきなり目の前に立ってて――
すごい勢いでこれを押しつけてきて――

星花、あんまりビックリして――
受け取っちゃったよ……


隣のクラスの。 男子。 受け取る。
はい、もはや疑うべくもありませんね。
帰りに下駄箱でまちぶせ、しかもこのシチュエーションと言えば……

これってやっぱ、
らららららら―――

ラブレター……

な、なのかなぁっ――


……確かに、星花は凄く可愛いですし、三国志好きと言う部分以外は
いたって普通の女の子の訳ですから、密かに男子の人気も高いでしょう。
しかし、これは……なんというか、その……黒い感情が。

そうだ、これはあれだ。
シスプリ時代に綾小路君に抱いた感情と同列の物だ。
まぁ彼は派手に自滅してくれてましたけど。

星花もこういった事には全く縁も免疫も無いようで、
相当テンパっているような感じです。
焦って長男に意見を求めていることからもそれが伺えます。
しかもこれ、好きな相手に対して焦りとか嫉妬を植えつける類の
恋愛的アプローチの一手段的な物ではなく、素ですからねぇ。

星花――バカだから、
こういうの――困る。


ここで言う「困る」と言うのは、本当に貰うこと自体が困るんでしょうね。
恥ずかしいとかそういうのじゃなくて、対処に困る的な意味で。
この時点で、そもそも相手にそういった感情が無いというのは伺えます。
この辺の対応を見ても、少なくとも「告白を受ける」という選択肢は
始めから存在してないような感じですね。

うわーん、どうしていいかわかんないよぉ――

それでも焦ってこう悩んでしまうのは、星花のいいところかも。
基本的に優しい子なので、ちゃんと返事はしなければいけない、
でもどう返事していいか解らない、とそういった方向で焦っている感じです。
変に断って傷つけたくないな、と言う思いもあるのかも。

ともあれ、兄としてはかなり複雑であり、
ぶっちゃけるとそのコヤマ君とかいう隣のクラスの男子には
一度じっくりと話を聞いておきたいところではありますが。
無論睨みを利かせるという意味合いで。



サイト捕捉。

お手伝いがんばる吹雪ねむ荘様)
クールな吹雪も頑張るほどに魅力的な報酬!
なんと言うか、こういう吹雪は新鮮で可愛いですな。
もっとこういう面を見たい。 モアスキンシップ!

春風姉さんは天使かもしれないカイレラ様)
あまりにトゥーピュアな春風姉さんは、本当に天使か、
それとも聖母的な何かなのではないかと思う時が。
家族みんなに無償の愛を無尽蔵に注いでくれる、そんな存在。

新刊サンプルよりさくらと青空Mint Blue+Suger様)
ほのぼのした可愛らしい絵であるにも拘らず、
さくらそれじゃ後ろから見えちゃうよと瞬間的に思ってしまった私は
相当に汚れているのではないかと思います。

策士・星花の策略(わしンち様・6/11)
なるほど、この手がありましたか! 流石は星花。
さりげなく兄をそういう方面に誘導しつつ、周知させると言う意味合いでも
効果は抜群。 欠点は噂が家族の耳に入ると長男の生命の危機という点。

|

« 姉妹日記・真璃6 | トップページ | 姉妹日記・霙7 »

BabyPrincess」カテゴリの記事

サイト捕捉」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016294/21568977

この記事へのトラックバック一覧です: 姉妹日記・星花6:

« 姉妹日記・真璃6 | トップページ | 姉妹日記・霙7 »