« 電撃G'sMagazine7月号感想 | トップページ | 姉妹日記・麗9 »

2008年6月 2日 (月)

姉妹日記・青空6

週明けから雨に降られてますが、外回りです。
そして外回りのついでに寄った何箇所かの本屋で
ことごとくハニカムが売り切れてて私涙目。
売ってないとなると余計に欲しくなるが……通販禁止令は厳しい。

気を取り直して、週明けの姉妹日記担当は青空です。
外で遊ぶのが大好きな青空には、梅雨は面白くないようです。

あめこん!

また、あめこんふってきた。


青空は前の時もそうでしたけど、雨のことは「あめこん」と言うんですね。
雨こんこん、の意味だと思いますが、この喋り方がいかにも青空らしい。

昨日は晴れていて、皆でかけっこをした……と言うことは、
無事に(1日順延で)運動会が開催されたようです。
その辺りの話も聞けるといいですね。

あめこんくると、

おそとはないないよ、って――

ゆきちゃんがいうの。

ずーっとゆきのおそばにいなさいって。


綿雪は小さい子たちの面倒をこうして見ているんですかね。
特に青空は雨で外に出られないような時は、
代わりに家の中で走り回ったりすることが多いでしょうから、
綿雪にしてみれば他の皆の邪魔にならないように、と言う
気遣いがあったりもするんでしょう。

そらはゆきちゃんすき。

でも――

ずっとおへやはきらーい!


まあ、この年頃の子供ならば無理もない感想でしょう。
青空みたいに外で遊ぶのが好きな、活動的な子になると
部屋の中で本を読んだりして静かにしてると言うのは
きっと退屈極まりないことだと思います。

そう訴えると、綿雪は青空に飴をくれるそうです。
ピンクと白のぐるぐるキャンディだそうです。
きっとこれは氷柱あたりが買ってくるんでしょう。
確か綿雪はピンクが好きだと言う事だったので、
(ホワイトデーの氷柱の日記参照)
その辺りからもなんとなくそういう感じがします。

そらはあめたべたらいけないの。

確かに、子供には飴はあまり与えない方が良いというのはあります。
飴は基本的に糖分の塊なのでそれだけでお腹がいっぱいになってしまって
ごはんを食べたがらなくなってしまったりします。
また、小さい飴だと喉に詰まらせることもありますし、
虫歯にもなりやすいという問題を抱えています。
一般的には2歳半から3歳くらいまでは飴を与えない、と言う家庭が多いようですが、
トゥルー家は流石に19人も子供を育てているだけあって、
そのあたりの躾はきちんと出来ているようです。
……この歳の子供がここまで聞き分けよくなるって凄いよね。

青空は(これまで幾つ貰ったかは知りませんが)今まで貰った飴を
全部大事に取っておいて、大きくなったら食べる、と決めているようです。

そらね、おにいちゃんみたいにおおきくなるよ

いや、それはどうだろう。
流石に大きくなりすぎると兄ちゃんも困ってしまう訳ですよ?


いつも通りサイト捕捉なんかを。

べびプリ漫画11・青空とスプレー缶(木星探査報告様・5/30)
この話の発端が霙姉さんの言葉だと言う事を鑑みても、
やはり霙姉さんは筋金入りの策士なのではないかと。
霙姉さんはどこまでも長男を弄る! 他の姉妹も弄る!
弱点は若干食いしん坊と言うところ! そこがいい!

夕凪さん彩色(RODEO様・6/1)
白! やはり健康的な白! 実に夕凪さんらしいです。
立夏はパンツ見えちゃってもいーヨな人、星花はパンツ見えたら困る人、
じゃあ夕凪さんはどうなのだろうか。
お兄ちゃんにならいいよ的展開を希望(R-18行きです)

べびプリ最前線で戦う男達更新WebStudio東雲組様・6/1)
ナカジマ氏の病気はこの先リハビリして治していくか、
もしくは開き直ってとことんまで堕ちてしまうかのどちらかしか。
あと、大尉殿がガンダムXを気に入られた模様。 GXファンとしては嬉しい限り。
ガロードの声もじきに慣れます。 私は最初っからOKでしたが。

金曜日の一件が見つかった理由図書館に住みたい様)
なんという高性能センサー! これは見つかっても致し方ない。
きっと半径500メートルくらいでコスプレ反応感知出来る。
おまけの1コマに賢狼吹いた。 ぬし、何やっとるんじゃ。
長男は……うん、なんというか、この先この手のネタ増えそうで怖い(ぇ

ミニから見える足が眩しい立夏サイハテ日記様)
やはり立夏と言えばミニから見える健康的でむっちりした脚と、
同じく触ってみたくなるようなお腹と肩から二の腕のライン。
ツインテールと言う目立つキャラ記号があるにも拘らず、
何故か真っ先に浮かぶのがこのあたりなんですが。

俺が、俺達がトゥルー兄だにににに様)
うちの妹に何してますかロシアの荒熊。
これは根絶する為に武力介入せざるを得ない。
それじゃあちょっとデュナメスに乗って撃ち落して来ますね。
しかしこのさくら、兄の保護欲を刺激しまくりである。

夕凪さんが星花にらぶちゅーカイレラ様)
なんという10女と11女。 年下の夕凪さんの方が積極的。
百合方面に一切のアンテナを持たない私でもこれは微笑ましく見守るしかない。
そして視線に気付いた星花が超慌てるのを見たい。
夕凪さんはこの手の事に意外と物怖じしなさそうな感じなので。

|

« 電撃G'sMagazine7月号感想 | トップページ | 姉妹日記・麗9 »

BabyPrincess」カテゴリの記事

サイト捕捉」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016294/21367824

この記事へのトラックバック一覧です: 姉妹日記・青空6:

« 電撃G'sMagazine7月号感想 | トップページ | 姉妹日記・麗9 »