« 姉妹日記・星花5 | トップページ | 姉妹日記・吹雪5 »

2008年5月14日 (水)

姉妹日記・海晴5

ようやく雨だの風だのも収まって、
晴れ間が見えた……のはいいけど蒸し暑い。
ううう、梅雨にはまだ早いからこういう空気はちょっと。
湿気が多いと元気が出ないんです。 錆びる。

そんな今日の姉妹日記は海晴姉さんです。
さすがお天気キャスター見習い、というかなんと言うか、
日記の内容もお天気についてのようです。

寒波襲来って感じで――
寒い日が続いたけど。

やっと晴れてきたわね
うん。
風邪なんて引いてない?


こちらの体調を気にかけるとか、やはり海晴姉さんは
姉妹の長としての気遣いとかをさりげなくしてますよね。
これはやはり母性……なんでしょうね。

私、春の晴天は洗濯物もよく乾くし――すごく好きよ
明日は――洗濯指数80はいくんじゃないかしら?
今夜の天気予報はきっとニコニコマークでいっぱいね。


春から初夏の晴天は、確かにカラっと晴れることが多いので
洗濯物もよく乾きますよね。
布団を干すにももってこいです。

そして、海晴姉さんが天気を気にするようになった、
そのきっかけとなるエピソードが語られます。
子供の頃、まだ幼かったヒカルと遊んでいた日。
折り良く長雨も止み、外で遊んでいた時の事です。

ふと――空を見上げると。

雨上がりのキレイな空に――
ピンクや黄色やきみどりの――
小さな洗濯物がいくつかヒラヒラ――泳いでた。


ああ、これは新鮮な感動あると思います。
カラフルな物でもそうですし、真っ白なシャツやシーツなんかも
雨上がりの綺麗な空によく映えるんですよね。
洗濯する側としては、干し終わった後にずらっと並んだ洗濯物を見るのが
結構楽しみだったりします。

まだ幼かった海晴姉さんも、これにはなんだか嬉しくなってしまったらしく。

ヒカルちゃんをつかまえて思わずギュッて――
抱きしめたの、覚えてる
ヒカルちゃんはまだ小さくて何が起こったかわからない風で
じたばたあばれてたっけ――


ヒカルにしてみればいきなり抱きしめられる訳ですから、
むしろ捕まったーって思いのほうが強そうな感じですよね、これ。
この場面の絵面を想像するとなんとなく幸せな気分になれます。

この事がきっかけで、海晴姉さんは天気予報のチェックを
するようになったらしいです。
また雨上がりの空に並ぶ洗濯物を見たい、って言う
実に子供らしい、可愛いきっかけではありませんか。
人生、何の縁で物事が変化するかはわかりませんからねぇ。
姉さんもそれは思っているようです。

自分の未来は自分が気がつかないだけで
いつもほんの近くに――
転がっているのかもしれない。

そう、今も――私の隣に――


それは結婚の申し込みと捉えても宜しいでしょうか姉さん?
なんだろう、春風姉さんの同じような言葉は「夢見てるなぁ」っていう
イメージが大分強いんですが、それが海晴姉さんの口から出ると
途端にリアルな情感を帯びているような気がしてなりません。
こういうのも一種の「年長者の艶」と言うやつでしょうか。


サイト捕捉は見つけ次第随時追加予定。

三者三様ねむ荘様)
たった一つの事例をとっても、感じ方は人それぞれである、と言う
人間の在り様に深く切り込む社会派4コマ……かもしれない。
取り敢えず霙姉さんのその発想の根拠が知りたい。

夕凪さんのすごいマホウ図書館に住みたい様)
こ……この呪文はッ! これは間違いなく元祖最強魔法少女。
大胆不敵、電光石火! 勝利は夕凪さんのためにある! かもしれない。
つまり長男が脳みそスライムの剣士なんですね、わかります。

|

« 姉妹日記・星花5 | トップページ | 姉妹日記・吹雪5 »

BabyPrincess」カテゴリの記事

サイト捕捉」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016294/20955294

この記事へのトラックバック一覧です: 姉妹日記・海晴5:

« 姉妹日記・星花5 | トップページ | 姉妹日記・吹雪5 »