« 姉妹日記・氷柱7 | トップページ | 姉妹日記・綿雪5 »

2008年5月20日 (火)

姉妹日記・綿雪5

さて。
綿雪の体調が思わしくないと聞いて以降、
落ち着かぬままに夜を明かしてしまった兄弟も多いと思われますが、
本日の姉妹日記はその当事者、綿雪です。

今日は、多少なりとも体調がいいようですが……


昨日は――
ごめんなさい。

本当はユキの番だったのに――。


頼むから謝らないでくれ、と何人の長男が思ったでしょう。
綿雪は何も悪くないのに。

うぅん、ちょっぴりお熱が出ちゃっただけだから――
たいしたことないんです。


気遣いは嬉しいのですが、真相を知っている身としては心苦しいです。
いかな愚か者とて、39度の熱が「ちょっぴり」でないことくらい解ります。
でも、綿雪の心情を知っているから言い出せない。
……綿雪のこの気遣いと健気さは、旧い記憶を呼び覚まします。
奇しくも好き好き大好きっのYU-SHOW氏が昨日話題に出した、
過去に愛した某作品、と言うやつです。
……多分同じでしょうね、ええ。
全国にどれだけいるか解らない兄に、多大な影響を及ぼした作品ですから。

綿雪は、長男の笑っている顔が好きだから、心配して欲しくないと言います。
だが我々にとっては、心配しないなどと言う選択肢はそもそも存在し得ません。
病気の妹がいれば心配なのです。
それはするしないという問題ではなく、もっと根本的な部分。
でも、綿雪が笑顔を望むのなら、我々は笑っていましょう。
綿雪が安心できる笑顔で、彼女を包んであげる事こそが、
長男としての責務でありましょう。

だから、ユキのせいで心配させちゃってるなんて
すごくすごく嫌です。

そんなユキはもう――いなくなればいいって思っちゃう……

あ、うぅん、そんないけないこと考えたらいけないですよね。


ああもうっ、この子はもうっ!
ぽろっと零れる言葉が一々こちらの胸に突き刺さります。
しかし、自らの発言を打ち消すだけの強さがある、
それは喜ぶべきことなのだろうと思います。

まだ復調していないので、あまり長々とは書けないらしいです。
氷柱の看病はいまだ献身的に継続されているようで。
そりゃチェックも厳しくなろうと言うものです。
昨日の日記だけでもそれは充分すぎるほど理解できる。

昨日の夜――夜中に。

ちょっとだけお兄ちゃんの気配を感じたような気がしました。
やっぱり夢――だったのかな?


昨夜の見舞いは、夢うつつの状態で知覚していたようです。
氷柱は少し疲れて眠っていると言っていましたが、
そもそも綿雪は眠りが浅い子なのかもしれませんね。

夢の中のお兄ちゃんは、眠っているユキのおでこにそっと

チュってしてくれて――


……その場に氷柱はいなかったようです。
もしいたらこんな事は出来なかったでしょうから。
しかし、この出来事を契機に熱が下がり始めた、と言うのは
やはり綿雪の病には心的な要因も深く関わっている気がしますね。

今夜も――

夢の中でお兄ちゃんに会えるといいな――


じゃあちょっと綿雪の夢の中に入ってくる!(落ち着け)





サイト捕捉など。

氷柱&綿雪Mint Blue+Suger様)
昨日の日記の一幕っぽい構図。 このご長男はお見舞いに行き、
眠っている綿雪のおでこにチュっとやってくる訳ですね。
そしてそれをドアの影から見ていた氷柱に部屋の外で蹴り回される。
(どうして貴方の妄想では最後に蹴られることが多いのですか←趣味)

べびプリアイコンその8カイレラ様)
今回は海晴姉さんとあさひ。 一番上と末の妹のコンビ。
何気にこの2人は旅行でもペアでした。 縁が深いのか、それとも……?
残すところは後三人、氷柱、綿雪、青空ですね。
完成が今から楽しみです。

べびプリ4コマ第一部完!にににに様)
長男ーーーーーーーーーーーっ!?
いや、何というか急展開ですが……このまま続くのかしら。
そして吹雪の真田さんばりの先見の明に驚くばかり。
鍛錬を怠ってはならないと最前線の隊長も言っていたので、
私もトゥルー力を高めるべく様々に試行錯誤をしてみる次第。

|

« 姉妹日記・氷柱7 | トップページ | 姉妹日記・綿雪5 »

BabyPrincess」カテゴリの記事

サイト捕捉」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016294/21059435

この記事へのトラックバック一覧です: 姉妹日記・綿雪5:

« 姉妹日記・氷柱7 | トップページ | 姉妹日記・綿雪5 »